グアムの海を快適で楽しいものにするグッズ3点

日本は夏直前恒例の「梅雨入り」加減ですが、今年の夏休みは円安ということで旅費のほうも嵩むので、近場で比較的安価なグアムという方も多いのではないでしょうか?

そこで僭越ながら、初めてグアムに行かれる方に対して『+α』な持ち物で、グアムの海をもっと楽しもう!的なビーチグッズを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

海中の思い出づくりの必需品「防水デジタルカメラ」

コレあったら絶対楽しいです!

・・・とか言いながら、僕はまだ持ってませんゞ( ̄∇ ̄;)

いえね、僕の場合は使い捨ての水中用カメラを日本で毎回3個ぐらい買って行ってたので、今まではこれで済ませていましたが、前回友人夫婦とグアムに行ったときに、この夫婦が防水デジカメを持ってきてました。

でもって、やっぱりデジカメですわ!撮ったその場で確認はできるわ♪短い時間なら水中の動画も撮れるわ♪陸でも使えるわ♪で、その使い勝手の良さに今更ながら魅了されたわけです。

一方の僕は、いつも通りの使い捨てカメラのなので、帰国してプリントされるまで何がどう写ってるのかわかりません( ̄ω ̄;チェッ

ここで勘違いしがちなのは、「水中」ではなく「防水」というところ。友人夫婦が購入したデジカメは水深5mぐらいまでの防水だったかと思います。これだけで水中で使えるんですね。それに、僕たちはスキューバダイビングをするわけではないので、これで十分です。

さて、気になる価格ですけど、僕は勝手に『高いんやろ?』と思ってましたが、友人夫婦が購入したデジカメは1万円もしなかったそうです。

これなら今まで買ってきた使い捨てカメラのお金で完全に買えたな~って感じなんですけど、普段は普通のデジカメとしても使えるので無駄にはなりません。グアムの海での楽しい思い出を撮りたい!って方は必需品と言ってもいいでしょう。

僕は今年のグアムには絶対買って行こうと思っています( ・`ω・´)キリッ

■追記
いろんなメーカーから出ている防水カメラですけど、結局僕は「ニコン/防水デジタルカメラ COOLPIX S32」を購入しました。もうすぐグアムに行く予定なので、コレで撮りまくってこようと思ってます。

海での日焼け防止はコレに限る!「ラッシュガード」

ラッシュガードってのは、ダイビングやサーフィンやってる人なら知ってるし持ってると思いますが、簡単に言うと「日焼けを防ぐシャツ」です。

グアムの日差しはとても強烈です。海以外の場所で普通にしてても日焼けするのに、肌を露出する海では、なおさら日焼けの範囲が広くなります。

僕は初めてグアムに行ったときはラッシュガードを持っていかなかったのですが、おかげでヒドイ日焼けをしてしまって、2回目以降は必需品となっています。

ラッシュガードじゃなくて、Tシャツとかでもいいんですけど、これだと着たまま海に入った場合、水を吸って重くなっちゃうから危険なんですね。

さらに、ラッシュガードの場合は保温効果もありますから、うっかり長く海に浸かっていても、体を温めてくれます。

特に日焼けを気にする女性の場合は、長そでタイプやパーカータイプもありますから、グアムには持って行ったほうが良いでしょう。

グアムの浜辺や海底は結構ヤバイぞ!そこで「ビーチシューズ」

ビーチシューズ(アクアシューズとかマリンシューズともいう)は自前でもビーチクラブのレンタルでもいいので、できれば履いて海に入ったほうが安全です。というのも、グアムのビーチの砂浜は枝サンゴの欠片でできていて、まだ”砂”になりきってない枝サンゴの欠片がゴロゴロしています。まあ、砂浜ならビーチサンダルで事足りますが、問題は海の中。

海の底には枝サンゴの欠片や生きたサンゴ礁もあるので、足を切ってしまう危険性があります。サンゴでザックリ切る怪我は多いと聞きますし、鋭利な刃物で切ったような深い傷になるらしく、場合によっては病院で手当てをしなければならない深刻な怪我になることもあるそうです。

あと、得意な人はあまりいないと思いますけど、グアムの海にはナマコさんがた~くさんいます(* ̄o ̄)  まあ、それだけグアムの海がキレイだという証なんですけどね。

怪我防止とナマコさん対策にはビーチシューズです。特に子供には必須でしょう。

以上、グアムの海を快適で楽しいものにするためのグッズ3点を紹介しましたが、特に初めてグアムに行かれる方は、ぜひ参考にしてみてください。

にほんブログ村
↑ブログランキング参加中です↑
よかったらポチッとクリックお願いします♪
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

トップへ戻る