ビジネスクラスで行くグアムはいかがでしょう?2012

グアムに限らず海外旅行は基本的に飛行機を利用しますよね?楽しい旅行にするためにも機内での過ごし方も大切だと思うんですが、僕たちは身分不相応にもグアム旅行にはビジネスクラスを利用しています。

その理由は、思ったより格安でいろんなサービスや特典を受けられるからです。ということで、「せめて旅行ぐらいは」と、”グアム旅行限定”でちょっとだけ贅沢をしているのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

僕がグアム旅行でビジネスクラスを利用する理由

  • 専用カウンターや機内への優先搭乗ができる
  • 空港でラウンジが利用できる
  • ビジネスシートでゆっくりできる

の、三点にあります。もちろん、ビジネスやファーストクラスを利用する人たちは、大抵の場合同じ理由でしょうけど、僕の場合はグアムのパック旅行はビジネスクラスの料金が割安という理由もあります。なので、グアム限定での利用です(笑)。

専用カウンターや機内への優先搭乗ができる

空港でチェックインする際にはチェックイン・カウンターに並ぶわけですが、ビジネスクラスには専用のチェックイン・カウンターがあって、スムーズにチェックインすることができます。

また、搭乗が始まる前から列が出来ますが、ビジネスクラスは「優先搭乗」ができるレーンがあるので、こちらもストレスなくスムーズに搭乗できます。

列に並ぶのが苦手で、辛抱できない性分の僕のような者には、とてもありがたいサービスなんです。

空港でラウンジが利用できる

さて、僕がグアム旅行で利用したことのある航空会社は、コリアンエア、コンチネンタル(2011年にユナイテッドに統合)、ユナイテッドの三社ですが、利用したことがあるラウンジは、ノースウエスト(2010年デルタと統合)、ANA、ユナイテッドです。

どのラウンジも基本的に”大人”な世界なので、とても落ち着いた雰囲気に溢れています。アルコールを含む飲み物や軽食も、飲み放題、食べ放題です ( ・∀・)っ凵凵c(・∀・ ) カンパーイ

一番利用しているのはANAラウンジで、搭乗ゲートに近いというのもありますが、一番の理由は「喫煙室」があること(苦笑)゚゚゚゚゚-y(^。^)

だって、タバコを吸うためにいちいちラウンジを出るのは面倒臭いしね。愛煙家には嬉しい限りなんですよ。

ただこのANAラウンジは窓が無いのか、まったく日光が入らず暗い感じですし、なにより空港の景色が見えないのが残念です。でも、タバコが・・・(笑)。

2012年のグアム旅行のときは搭乗便が遅れたために、ユナイテッドのレッドカーペット・クラブというラウンジに梯子しました。

こちらは、豪華な装飾と広くて開放感のあるアメリカンサイズのラウンジでした。行った時は混み合ってたのですが、運良く窓側の席が空いていて、ビールで再度乾杯です♪


まったく広さの伝わらない画像ですいません(;´∀`)

ビジネスシートでゆっくりできる

グアムまでは、たかだか3時間30分のフライトですが、僕がいつも利用するのはボーイング737-800という機材で、エコノミーの座席配列が3-3となっていて、となりに他人が座ることが予想されます。国内線の1時間ぐらいのフライトなら我慢も出来ますが、3時間以上は個人的にちょっとツラいっす (;´▽`A


※クリックで拡大

おまけに僕の場合はパニック障害(自己診断)のような症状がでることがあるので、2-2配列のビジネスが◎というわけです ( ・∀・)っ凵凵c(・∀・ ) カンパーイ

また、ユナイテッドの場合は搭乗後すぐに”ウエルカムシャンパン”が提供されて、旅行気分を盛り上げてくれます。

さらに、機内食もビジネス用にグレードアップされていて、これまた機上でレストラン気分を堪能できます。


グアム国際空港のビジネスラウンジ

僕たちの場合は、グアム旅行限定でビジネスクラスを堪能していますが、ぶっちゃけ贅沢しているのはこれくらいで、ホテルはアウトリガーの一般の客室ですし、それ以外でもこれといった贅沢はしてません。

思うに、移動だけは疲れないようにしたいんですよね。・・・歳ですし(*´∀`)

ビジネスクラス、おすすめですよ♪

にほんブログ村
↑ブログランキング参加中です↑
よかったらポチッとクリックお願いします♪
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

トップへ戻る